各種所得別確定申告

個人事業主の確定申告(青色申告・白色申告)

個人事業主をするフリーランスの方などの確定申告です。
個人事業主などの事業所得者は、サラリーマンと違い、1年間の売上や経費などを計算する必要があります。
そのため、経理をしっかり行い、必要経費をミスなく計上することが節税の最大のポイントとなります。
個人事業主の方でまだ青色申告をしていない方は、一度適用を考えてみるのはいかがでしょう?

青色申告にはさまざまな特典があります。

  • 65万円の特別控除(複式簿記による帳簿作成が必要)
  • 業務にかかわる支出を必要経費にできる
  • 家族への給料が全額経費にできる(青色事業専従者給与届出書が必要)
  • 損失が発生しても翌年に繰り越すことができる

青色申告を安心の価格で税理士にお願いされたい方は、お気軽にご相談ください。

不動産賃貸収入の確定申告(不動産所得)

不動産所得とは、土地、建物などの貸付けのほか、航空機や船舶、地上権の貸付けによる所得をいい、不動産賃貸などの総収入から不動産経営に直接かかわる必要経費を引いたものです。
また、不動産所得は不動産の貸付けの規模によって、事業としての貸付けかどうかを判断して計算します。ただし、事業所得に当たるものと譲渡所得に当たるものとは不動産所得に含めません。また、不動産所得が事業的規模であるか否かによって、所得の計算方法が異なりますので詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

必要経費について

  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • ローン返済額の利息部分
  • 火災保険料
  • 損害保険料
  • 減価償却費
  • 修繕費
  • 管理費
  • 賃貸管理代行手数料
  • 税理士費用
  • 交通費
  • 新聞図書費
  • 通信費

※自宅に関する、修繕費や地震保険料などは必要経費とは認められません。

料金 19,800円~

土地や建物(不動産)の売却益に関する確定申告(譲渡所得)

不動産売却で売却益が出た場合、確定申告して不動産「譲渡所得税」を納めなければなりません。
不動産の売却は税務上の特例が様々あります。確定申告時期に税務署に数回通って不動産譲渡申告書を作成する方もいますが、税務署は繁忙期で聞かれたことしか答えませんので、納税者にとって最も有利になる税務上の特例まで考えていません。税務報酬以上の税金を損していることが多いのです。その為、まずは専門家の税理士にご相談頂くのが損をしない可能性が高いということもあります。

料金 19,800円~

ネットビジネス(アフィリエイト等)の確定申告(雑所得)

継続的にある程度の収入が無い場合、税務署に個人事業主開始の届出をしていない場合は、雑所得で確定申告をします。この場合は、収入及び必要経費を自分で集計してそれぞれの合計金額を確定申告書第ニ表に記入し、差引金額を雑所得として確定申告書第一表に転記します。

確定申告が必要な方

  1. アフィリエイトとその他の所得が20万円超の給与所得者
  2. アフィリエイトとその他の所得が38万円超(専業主婦などでアフィリエイトの収入のみの場合)

所得が20万円以下で上記にあてはまらない場合でも住宅ローン控除の1年目や、医療費控除などで確定申告を行う場合には、全ての所得を申告する必要があります。

必要経費について

  • 新聞図書費:ホームページ作成のための書籍代、アフィリエイトに関する専門書籍の購入費
  • 雑費:ホームページ作成のための写真代
  • 交通費:ホームページ用の写真を撮りに行った交通費、セミナー・講演参加のための交通費
  • 消耗品費:プリンターのインク代、用紙代、ホームぺージ作成ソフト代、デジカメの電池代
  • 交際費:セミナー・講演会後の交流会等
  • 雑費:アフィリエイトに関するセミナー参加費
  • 通信費:インターネット接続料
  • 雑費:成果報酬の振込手数料
  • 減価償却費:パソコン代の一部

住宅ローン控除の確定申告

申告される方

  • ローンでマイホームを購入した方
  • ローンでマイホームを増築・改築した方
料金 9,800円~
無料相談受付中 フリーダイヤル:0120-628-648メールでのお問い合わせ